乾燥肌とは

乾燥肌とはあるべき水分が皮膚から奪われてしまった状態

肌がカサカサした状態になって困ってしまったことがある人は多いでしょう。
肌が乾燥すると、痒みが出てフケがでてしまうこともあります。
不快に感じるでしょうし、見た目としても気になります。
このような肌のトラブルは乾燥肌から引き起こされます。

 

乾燥肌とは、あるべき水分が皮膚から奪われてしまった状態を言います。
肌の水分は、汗や、水分が蒸発することから失われます。
失われた水分は通常であれば、体の内部や外部の水分から補われます。
しかし、乾燥肌の人は失われた水分が補われずに肌が乾燥してしまいます。

乾燥肌の原因は様々

乾燥肌の原因は様々です。
年齢による要因もあります。
人は年を重ねることでホルモンのバランスが変わり、特に肌の保湿成分であるNFMと言われる物質が減少します。
NFMは尿素やアミノ酸などから作られており、水分を溜めこむ働きを持っています。
このNFMが減少することで肌の水分が失われ乾燥してしまうのです。
また皮膚の内部にあるセラミドという成分が失われることも乾燥肌の原因の一つです。
セラミドは角質の組織をつなぎとめているクッションのような物質です。
このセラミドが減少することで肌は乾燥します。

 

または肌の皮脂も乾燥肌を大きく関係します。
皮脂が少なくなると、人の肌は乾燥します。
乾燥肌を改善するためには、保湿と水分の補給が大切です。
保湿もやみくもにするだけではいけません。
自分が必要とする分の水分を適切に肌に補ってあげることがとても大切なのです。

 

水分を取る、保湿するといったことはもちろん大切ですが、日常のスキンケアも大切。
また、乾燥肌の体質改善を目指した生活習慣の見直しをすることも必要です。