アトピー性皮膚炎と乾燥肌

アトピー性皮膚炎と乾燥肌

アトピーとは、ギリシャ語からきています。
「不可解な」「奇妙な」といった意味にあたり、アトピー性皮膚炎とは、「原因不明な」皮膚の炎症のことを指します。
アトピーの多くは、なんらかのアレルギー反応がほとんどです。
そして、アトピー性皮膚炎は、痒みを強く感じる湿疹があらわれます。
そして、良い時期もあれば悪化してしまうこともあり、これらを繰り返してしまう病気なのです。
生まれつきアトピー性皮膚炎を発症する乳幼児もいれば、大人になってから発症するといったケースも最近ではよくみられます。
原因は、はっきりと定まっておらず、遺伝子的な要因、栄養面での要因、環境による要因が挙げられています。
また、最近では体内にある細菌叢とアトピーとの関連が挙げられましたがまだ結論は出ていません。

成人アトピー性皮膚炎では、思春期以降に乾燥型の皮膚の炎症を

また、これらのアトピー性皮膚炎は年齢によって症状が少しずつ変化していきます。
乳児アトピー性皮膚炎、小児アトピー性皮膚炎、成人アトピー性皮膚炎の3つの型に別けられます。
成人アトピー性皮膚炎では、思春期以降に乾燥型の皮膚の炎症を起こします。
これは乾燥肌とは違い、何らかのアレルギー反応から乾燥型の皮膚の炎症を起こしてしまうのです。
乳児アトピー性皮膚炎や小児アトピー性皮膚炎は、比較的湿潤型の症状が多いのですが、肌の表面が白い粉をふいたように見える場合もあります。
このようなアトピー性皮膚炎の治療も、遺伝的な乾燥肌の要因と同様に現代医学では完全な治療は難しいといえます。