乾燥肌にはやっぱり水分補給

乾燥肌にはやっぱり水分補給?

人間の体内にはおよそ60%〜70%の水分が含まれているといわれています。
体内にある水分の役割は血液の流れをよくしたり、皮膚への潤いをあたえたり、老廃物や毒素を外に排出したりと体内の循環機能の働きにおいて大切な役割を担っています。
体内の水分は60%〜70%が正常な状態であり体内の機能も活発に働きます。
しかしこの水分量が減少すると正常に働いている機能も行われず代謝機能が落ちてしまいまいます。
この状態が乾燥肌を招く要因になる体内環境を作ってしまっているのです。
血液の流れが悪いと体内に老廃物が溜まるだけでなく、皮膚の細胞の保湿、回復、再生機能といった循環が正常にできなくなります。
保湿、回復、再生機能の低下によって乾燥肌が引き起こるのです。

水分だけでなく乾燥肌のスキンケアも

普段の生活の中で1日におよそ2リットルの水分が自然と失われているといわれています。水分補給をこまめにしない限り体内の水分は知らないうちに徐々になくなってしまうのです。
このことから水分の補給はとても大切だということが分かります。
だからといって1日に2リットル以上の水分をとる必要もありません。
逆に水分を取りすぎてしまうと反って身体に悪影響を及ぼすので適度な水分補給が重要なのです。
水分を取りすぎてしまった場合は胃に負担がかかってしまったり、体内のナトリウムが水分によって薄くなりナトリウム不足を招きます。
水分は1日に1リットル〜2リットルを数回に分けて補給することが望ましいです。
水分補給と同時に考慮しなければならないのがスキンケア。
肌の表面のバリア機能が損なわれているのが乾燥肌の特徴です。
それをそのままにしておくと、潤いが体外へ逃げてしまいます。
なので、乾燥肌のスキンケアによって、バリア機能も補修が必要です。